2010年02月08日

べにふうきの効果とは?

べにふうきの効果とは?

べにふうき(紅富貴)は、べにほまれと枕Cd86を交配した
後代のアッサム種に近い茶品種であります。


それと同時に紅茶、半発酵茶の用途として開発されました。


アレルギーを抑制する可能性があるメチル化カテキンを
豊富に含み、緑茶として飲用することによって同カテキンを
多く摂取できるとされ、現在は商品化されています。


なおメチル化カテキンとは?

エピガロカテキン-3-O-(3-O-メチル)ガレート
と厳密には呼びます。


その作用としては?

マスト細胞からヒスタミンが放出されるのを抑制し、
マスト細胞上の高親和性IgEレセプタの数を減らすことによって、
アレルギー症状の発現を軽減する可能性があります。



ちなみに緑茶としてのべにふうきには?

好酸球の遊走、炎症性タンパク質やサイトカイン産生を
抑制する作用も示されており、メチル化カテキン以外の
活性成分の含有が示唆されています。


今年の春はべにふうきパワーで先手必勝です!


花粉症対策はこれでバッチリ!花粉の季節にお茶を飲むならべにふうきの濃い緑茶!

【濃いべにふうき緑茶30入】花粉の季節にお茶を飲むならべにふうき!カテキン豊富でスッキリ!【これこれ倶楽部】


花粉対策に!【べにふうきマスク(C) 2個組】

花粉対策に!【べにふうきマスク(C) 2個組】【美容と健康なら「らく楽気分」ショップ】
posted by べにふうき at 14:08| Comment(0) | べにふうきの効果とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。